DEARS十二星座物语天秤座中日双语

请关注处女座的角宿一和天蝎座的心宿二(又称大火星)之间,可以看到三个三等星组成倒过来的く这是天秤座。羽毛放在天秤座的一边,人类的所作所为放在另一边,可以启发对善恶的判断,努力让人类实现正义。(原文:赤月)てんびん座の物语朗:杉田智和空を见上げて、天秤座を见つけて见ましょう。

DEARS十二星座物语天秤座中日双语

(译文:赤月)

天秤座物语 读:杉田智和

仰望天空,让我们来寻找天秤座吧。虽然天秤座是春天的星座,但在星图上,在春夏的分界处。在4月中旬21点的天空中,天秤座只能在东南较低的方向看到。再晚一些时期,在完全进入六月的时候寻找的话,它高高地挂在南边天空上,很容易就能找到。人们常常认为东京这样的城市根本看不到星星,但出乎意料的是,情况并非如此。请关注处女座的角宿一和天蝎座的心宿二(又称大火星)之间,可以看到三个三等星组成倒过来的く这是天秤座。让我们来谈谈天秤座的故事。

很久很久以前,人类就开始出现在这个世界上。一年四季都像春天一样,被称为黄金时期。当时,众神住在地上,树上的果实可以弯曲树枝。牛奶和葡萄酒流淌在河里。地球上到处都是丰富的财产,人们过着悠闲的生活,所以当时非常和平。然而,随着岁月的流逝,宙斯缩短了春天,将一年分为四季,人们的生活开始改变。为了度过寒冷的冬天和炎热的夏天,人们开始有房子和衣服来应对四季。但最重要的是如何确保足够的食物。

现在和想吃就吃的黄金时期不一样了,现在有了冬天,就要耕地,提前储存粮食。因此,如果你想储存更多的食物,有些人会突然贪婪。又过了一段时间,人类开始变得只考虑自己,不会顾及别人了。所以,因为心里充满了欲望,到处都充满了谎言、恶念和暴力。挖掘土地,争夺发现的铁和金,把它们变成武器,不断发动战争,地面变成了相互残杀的战场。因此,众神讨厌欲望无穷的人类,一个接一个地回到天上。当人们发现时,除了正义女神狄刻,地上没有神。狄刻用天秤来称量人类的善恶。羽毛放在天秤座的一边,人类的所作所为放在另一边,可以启发对善恶的判断,努力让人类实现正义。狄刻对有毅力的人类有爱和真诚。

但在那个时候,除了他们自己,人类已经变得无法相信别人,即使是他们的朋友和家人。就这样,即使是狄刻也无能为力。最后,狄刻终于离开了人类,飞上了天空。当时,大家都说她成了处女座。后来,狄刻成了星宿,不知道她什么时候被称为正义女神。

狄雕成为星宿时,用来称量人类善恶的天秤座最终成为星座,即天称座。顺便说一句,正义女神右手拿着正义的羽毛,左手拿着麦穗。据说狄雕回到天空时装满了一袋麦穗。然而,由于不善意的人类把袋子割成了一个洞,麦穗在狄雕飞上天空的路上散落着。据说银河系是这样形成的。

以上是天秤座的故事。

(原文:赤月)

てんびん座の物语 朗:杉田智和

空を见上げて、天秤座を见つけて见ましょう。天秤座は春の星座ですが、星図の上では、春と夏の境目の所にあります。四月中旬の二十一时ごろの空では、まだ东南との低いところにしか见られません。もっと遅い时间に探すが、六月もろに探せば、南の空に高く昇っていてより见つけやすいでしょう。东京のような都会では、星がぜんぜん见えないと思いがちですが、意外とそうでもありません。乙女座のスピカとさそり座のアンタレスの间を见つめてみてください。三つの三等星が逆「く」の字に并んでいるのが、见えてくると思います。これが天秤座です。ではこの辺で天秤座に缠わるお话をしていきましょう。

ずっとずっと昔、この世に人间が住むようになったころのお话です。そのころの気候は一年中春のようで、黄金期と呼ばれていました。このころは神々も地上に住み、木々はたわわに実を付け、川にはミルクやお酒を流れていました。大地の至るところには物が溢れ、人间たちものんびりと暮らしていたんです。ですから、このころはとても平和でした。しかし、それから歳月が流れ、ゼウスが长い春を缩めて、一年を四季に分けたころから、人间たちの生活が変わって行きました。寒い冬や暑い夏をした人间は、その时初めて家を持つようになり、着るものも四季に応じた寓するようになりました。

しかし、一番重要だったことはどうやって食べ物を确保するかということでした。好きな时に好きなだけ食べられていた黄金期のころと违い、今は冬があります。だから、田畑を耕し、作物を蓄えと置かなければならなくなりました。そうなると、作物を余计に蓄えようと、欲悪人が出てくるのです。さらにそれから暂くすると、人间は自分さえよければ、他人はどうなってもいいと考えるようになりました。そして、欲望を満たすために、嘘や悪知恵、暴力が泛滥してしまいました。地面を掘って、鉄や金を见つければ争い、また、それらを武器にして、戦いを缲り返し。

地上は杀し合いの场となってしまったのです。すると、神々が欲望に染まり切った人间に爱想を尽かしてしまい、次々に天に帰ってしまいました。気がつくと、正义の女神ディケのみを残し、地上から神がいなくなってしまいましたんのです。ディケは天秤を使って人间の善悪を测っていました。天秤の片方の皿に羽を载せ、もう片方には人间の行いをせるのです。これで善悪の判断を示し、人间に正义を行わせようと顽张っていました。ディケは根気强く人间に爱とといてあったんのです。

しかしこの时、既に人间たちは自分以外の人间を信じることができなくなっていました。それは友人や家族でさえも。こうなるとさすがのディケも手に负えません。そしてディケもついに人间たちを见舍てて、天に上げってしまいました。その时、星座になったのが乙女座だと言われています。そして星になったディケはいつしかアストレアと呼ばれるようになりました。

ディケが星座になった时、人间の善悪を测るのに使ったの天秤もやはり星座となりました。これが天秤座です。ちなみに、アストレアは右手に正义の羽を持ち、左手に麦の穂を持っています。それはディケが天に帰る时麦の穂袋一杯诘め込んだと言われています。しかし、悪意を持った人间が袋に穴を开けてしまったので、天に上がる途中麦の穂が零れ落ちってしまいました。こうしてできたのが、天の川だそうです。

以上,天秤座の物语でした

本文来自投稿,不代表星座吧立场,如若转载,请注明出处:https://www.xinz8.com/xzzx/513.html

阅读 10
上一篇 2022-07-25
下一篇 2022-07-25

相关推荐

发表评论

登录后才能评论

评论列表(128条)

  • 星座吧

    2023-01-28~暂无数据~

欢迎来到星座吧